解決済

あやふや本 No.A189

内容

父が中学生の頃に図書館で読んだというSF小説を探しています。
・1960~70年以前に刊行されているもの
・多分海外のSF小説
・戦闘機のパイロットが撃墜され、落下傘で脱出
・大きな穴が現れ、どこまでもそこに向かって落ちていく
・青い光が見えて、地底に文明のあるところにたどりつく
・青の世界には女王(?)がいて、赤の世界(?)とかと戦っている
・地底には機関車らしきものがあった
・以上がイントロだけのものかどうかもわからない
・結末も覚えていない
・ジュールヴェルヌの神秘の島ではない
・ペルシダー(地底世界)シリーズでもなさげ(でも完全否定はできないかも)


この本が気になります!

こたえ

作品のタイトル:少年少女世界科学名作全集「地底王国」

作者:ブルース・カーター

More Info:1961年 講談社 箱と表紙の絵:小松崎茂,口絵・挿絵:岩井泰三

その他,依頼者コメント等:
父親が「タイトルがたしか『地底王国』のはずだったんだけどなあ」と言っていたので、「青い光地底落下傘+1970年以前」で調べると結果の1ページ目にそれらしきものが!自分で検索していると、どうしてもジュール・ヴェルヌの「地底旅行」やエドガー・ライス・バローズの「地底世界ペルシダー」ばかり出て、このカーターという人の作品が出て来ずにいました。

古本屋から取り寄せ実家に送ったところ父も喜んでいました。
わたしも帰省時に読みましたが「赤い地底世界にたどり着いて、緑の世界と戦い、そして地底から脱出する」というのがメインストーリーでした。
「青い光」どっから来た?と思いましたが、カバーに青色が使われていたので、記憶というのはそんなものかもしれません。

提供いただいた画像:


前後の「解決本」へ