解決済

あやふや本 No.A258

内容

確か6、7年ほど前だったと思うのですが、その頃に読んだ本がずっと思い出せずにいたので、DMさせて頂きました。
・恐らく講談社の小説(ゆるっとした犬のロゴマークが入っているレーベルだったはずです。)
・二段組の小説でした。
・登場人物は、宝石になってしまう、だったか、宝石を吐いてしまう、みたいな病気?にかかっていた。
・吟遊詩人が登場人物にいた。
・馬の世話をする下流階級の男の子と、上流階級の女の子がメインの話があった。
・本の最初に二人のカラーイラストがあった記憶がある。



こたえ

作品のタイトル:夢の上

作者:多崎礼

本のリンク:

夢の上-夜を統べる王と六つの輝晶1 (中公文庫)