未解決

あやふや本 No.0603

内容

いつかに模試か入試で掲載されていたものです。
私が読んだ部分は、測量をしていた3人の和算者が、 ある晩星の出る緯度を数学で当てようという遊び(賭け?)をするというところです。
暖味な記憶ですが主人公は渋川春海で、見事ピッタリと角度を当てていたのが印象に残っています。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ