解決済

あやふや本 No.1243

内容

■亡くなった父親?の幽霊と娘?が会話するもの。
■飴だか葡萄だか何かしら小さなものを食べたがってた気がします。(別の話と混ざってるかも)
■最後は切ない感じで終了。
読後、心臓がぎゅうと絞られるような心地でした。
幸せなハッピー|エンドではなかったと思います
■食べたがっていたのは、男(父親?)のほうで、最後に用意をしたのは女(娘?)だった気がします。
■作者は女性。
■読んだのは7年前です。
■タイトルがとてもきれいな名前だった(気がする)ので、ラストの心臓がきゅっと痛くなるような切ないオチとの落差が印象的だと感じました。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:神様『花野』

作者:川上弘美

本のリンク:


前後の「解決本」へ