解決済

あやふや本 No.1280

内容

短編集を探しています。
人間に使われなくなった人型ロボットと人間たちのヒューマンドラマです。
東屋で絵を描いているロボットが、自分には人間が見えないものが見える、というようなことを言っていたのが印象に残っています。
タイトル、作者名は覚えていませんが、本の装丁がピンク色でした。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:プリズムの瞳

作者:菅浩江

本のリンク:


前後の「解決本」へ