loader image
未解決

あやふや本 No.1446

内容

・外国の話(日本ではない)
・葬儀屋の娘とライバル葬儀屋の息子
・どこがで不幸があると息子がスっと現れて「この度は~」と挨拶してそのまま葬儀の契約を取り付|けるので、町の人は息子をちょっと気味悪さがある営業熱心だと思っている
・娘の葬儀屋は老舗だが、息子の方の葬儀屋の方が順調で、娘は息子を憎く思っていた
・最後の方のシーンで、風に飛ばされた?子供に取られた?帽子を息子が取ってきて娘に渡して告白する
・娘は息子の薬品?のにおいを印象的に思っている、最後のシーンもその薬品のにおいがした~みたいな描写があったと思います
短編集の中の1編だったように思いますがうろ覚えです….
・「そして今」というような息子のセリフがあった
・外国の短編集

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ


前後の「未解決本」へ