未解決

あやふや本 No.1579

内容

子どもの頃に読んだ絵本の記憶ですが
①小高い丘に1本の大きな木がある。
②四季を通して憩いの場になっている。
③やがて木は枯れ、伐り倒されるが、学校の建築資材となる。
みたいなお話でした。昭和58年頃に読んだ絵本ですが、作者名もタイトルも分かりません。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ

More Info:※ 番号重複のため 文庫 No.1505→ 書庫 No.1579となっています


前後の「未解決本」へ