loader image
未解決

あやふや本 No.3092

内容

古文(古典文学)です
常にお腹からゴロゴロという音が鳴っている男の話男は自分のお腹から謎のゴロゴロという音が鳴っている、その原因を知らないか周りの人に聞いている
一人の男が原因を話し始める
昔いたずらに好きの雷神がいた(中間部分を全く覚えていない)
雷神が味噌樽をのぞき込んで落ちてしまった味噌樽に落ちた雷神はそのまま死んでしまい、味噌漬けになる
その味噌漬けの雷神を食べた人の子孫が君(腹がゴロゴロ鳴る男)だ!そう言われた男は原因がわかり嬉しそうに帰っていったというような話
自分が中学生のときに塾の授業プリントに出てきた話です。
なので読んでから8~10年近く経っています。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ


前後の「未解決本」へ