未解決

あやふや本 No.5241

内容

40年程前の、児童書です。
図書館で読みました。
主人公は少年で、海辺で拾った海ほおずきを鳴らす事で海の中に行けるようになります。
海の中では。
海ほおずき(?)の穴から出る汁を、指の先に垂らして、指をぐるぐる回すと、小魚がわいて出てくるなど、ちょっとした魔法が使えました。
海には三回行く事が出来、海の中のもめ事を解決するというお話です。
相棒かアドバイス役の生き物がいたはずです。
最後に、もう行けなくなった海を見ながら、海ほおずきを鳴らすシーンがラストでした。
ハードカバーで、青い色調の本でしたが、背表紙は白だったと思います。
「う」のコーナーにあったので、海…なんとか、的な、タイトルだったのかもしれません。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ