解決済

あやふや本 No.6570

内容

・小学生高学年の頃(2010~2015年頃)、学校か公民館の図書室で借りて読んだ。児童文庫だったかもしれない。
・探偵ものが好きだった為、ミステリー要素があった小説だったと思う
・舞台が探偵事務所か新聞社か記憶が定かではない
・主人公は男の人、探偵事務所/新聞社に元からいた人と、助手的な感じで後から来た人の2人だった気がする
・日常的な事件を解決していく本
・シリーズで何冊かあり、特に最後に読んだ巻がその探偵事務所/新聞社がゾンビ化した人々に襲撃される内容で記憶に残っている
・登場人物の中に芥川龍之介など著名人が出てきた気がするが、文豪ストレイドッグスではない
・当時は時代は明治大正らへんだと思っていた


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:帝都少年少女探偵団ノート

作者:楠木誠一郎

本のリンク:


前後の「解決本」へ