未解決

あやふや本 No.6720

内容

1996年頃に図書館の児童書コーナーで見つけた本だったと思います。
その時点でそこそこ昔の本だったかもしれません。
2000年頃に再度読みたくて借りた図書館で探しましたが見つけられませんでした。
書庫に入ってしまったようでした。
ハードカバーで、3センチくらい厚みのある本だったと思います。
多分海外の作者さんでした。
何かのシリーズの一冊だったかもしれません。
小花柄の表紙の似たような本が何冊か並んでいました。
サルモネラ菌におびえて卵をよく洗う少女が主人公で、あんなに小さかった子が…みたいな描写があったので、前作もあるのかもしれません。
田舎で少年と出会って、少年は少女を連れてピクニックに行くことになるのですが、持っていくはずのチキンの脚だけを兄だか姉に盗られ残されたチキンの残骸をみて残忍な気持ちになります。
少年は自作の仮面に気持ちをぶつけて破壊しました。
少年が少女を荷台付きの自転車に乗せて出掛けようとしたとき、恋敵?が来ました。
少年と青年がもめているうちに、少女は一人自転車に乗って颯爽と出掛けて行くのです。
それを二人の男の子が荷台付き自転車にのって追いかけて行きました。
少女は久しぶりに晴れやかな気持ちになり自転車を漕いで行きました。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ