解決済

あやふや本 No.6744

内容

・「相談する相手には三種類の人間がいるといい。一人目は自分の考え方に賛同してくれる人、二人目は自分の考え方を批判してくれる人、三人目は自分では思いつかないようなことを考える人」
・上記のような文章が書かれていたと記憶しています
・十年ほど前(2010年頃)に読んだ文章です
・読んだ当時は小学校高学年から中学生あたりだったと思うので、その年代向けの文章かもしれません
・上記と矛盾するのですが、当時小説もよく読んでいたので、小説の文章であったかもしれません。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:終末のフール『冬眠のガール』

作者:伊坂幸太郎

本のリンク:


前後の「解決本」へ