loader image
解決済

あやふや本 No.6837

内容

・1990年頃に読んでいた児童書なのでそれより前の出版だと思います。年上の従姉の本でした。
・子供向けの小説です。
・いわさきちひろさんのような雰囲気の、綺麗な紫色の花の挿絵があったような気がします。
・人間の男の子が1人で長い道を歩いている話でした。
・道の途中でりんどうか桔梗の様な紫色の花が出てきました。
・道の途中で崖のような谷底を歩いていたと思います。
・登場するのは人間だけなので、きつねの窓ではありませんでした。
・日本人のお話でした。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:大きい1年生と小さな2年生

作者:古田足日

本のリンク:


前後の「解決本」へ