loader image
解決済

あやふや本 No.6919

内容

20年くらい前に読んだ児童書です。
世界の怪奇シリーズとかそういう感じの、短い話を集めたシリーズ物の本です。
その中に収録されていた吸血鬼の話を探しています。
登場人物は主人公の青年と少女(妹か許嫁)と吸血鬼の三人と記憶しています。
時代は近世ヨーロッパの雰囲気だったと思います。
パーティ(社交場?)で吸血鬼に魅入られた少女。
様子がおかしい少女を訝しんだ青年は、ある日こっそり少女の後をつける。
パーティの途中で部屋に入っていく少女。
そこで吸血鬼に噛まれそうになっているのを見つけ(方法は忘れましたが)吸血鬼を撃退。
吸血鬼は窓から逃走。
もしかしたら少女は噛まれて死んでたかもしれません。
白黒の挿絵で、オールバックの眉目秀麗な吸血鬼が描かれていました。
少女が吸血鬼の似顔絵?の入ったペンダントを見つめる絵もあった気がします。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:バンパイヤ

作者:John Polidori

本のリンク:

その他,依頼者コメント等:
私が本を読み始めるきっかけになった本を探しています。
挿絵の吸血鬼に一目惚れして、小学生当時(学級文庫だったので本当はダメでしたが)こっそり机に入れて眺めてました。


前後の「解決本」へ