loader image
未解決

あやふや本 No.7097

内容

たぶん児童書です。
読んだのは今から10~15年前ですが、図書館で借りた本なのでもっと前に刊行された可能性があります。
主人公は男の子で、学校に通っている(中学生くらいだったイメージですが間違ってるかもしれません)絵を描くのが好きだが、貧乏で絵の具が買えないので土から手作りした絵の具を使っていた。
茶色系の絵の具しかないので、いつも木の幹ばっかり描いているという描写があった。
クラスメイトがカラフルな絵の具を持っていて内心羨ましがっていたと思う。
ある時仲良くなった男の子と、青色の土が採れるという話を聞いてどこかの山に行く。
最終的にその青い土から作った絵の具で、夜空の絵を描いていた。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ


前後の「未解決本」へ