loader image
未解決

あやふや本 No.7104

内容

図書館所蔵の本だったと思います。
民話か短編小説です。
読んだのは20年くらい前舞台はヨーロッパ(フランス?)で、狼が駆逐された国女の子が昔話を聞いていて、父親?と狼は全滅したという話をしていました。
でも、一匹だけ生き残っていて、それは呪いをかけられたきこりの若者であり、嵐の夜?になると遠吠えが聞こえる。
最終的に呪いが解け、若者は年老いた母親の待つ家に帰った。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ


前後の「未解決本」へ