loader image
解決済

あやふや本 No.7258

内容

○ 小学校高学年くらいが対象の日本の児童文学
○ あまり裕福ではない、町工場があるようなごみごみした印象の町に住む父、母、姉、主人公(男の子)のいろいろなエピソードが書かれている。
○ 覚えているエピソード
 ① 家族で海水浴に行くのに、姉が安物の人絹で水着を作ったところ、海に入ったら色がみんな落ちてしまう
 ② 父と2人で出掛けて、喫茶店でライスを頼んで、それにソースをかけて食べるのが楽しみ
 ③ 町にバイクの曲芸をやる人が来るが、演技中に事故で死んでしまう
○ 1980年頃、近所の人から「うちの子はもう読まなくなったから」といただいたもの。なので出版はもっと前の可能性があります。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:ゆびきり

作者:早乙女勝元

本のリンク:

その他,依頼者コメント等:
ぜひ読み返したいと思っていた本なので、本当にうれしいです。
この度は貴重な機会をいただきありがとうございました。おせわになりました。


前後の「解決本」へ