解決済

No.3633

小説

探している本があるのですが、「かぷかぷわらったよ」というフレーズと、蟹が出てくるということしか覚えておりません。

未解決

No.3614

未解決

2003年頃に出たと思われる仮面ライダーのムック本なんですが、内容は文章が主で、ページの端に手書き風の挿絵が書いてあるものです。

解決済

No.3522

児童書

・青い鳥文庫 ・宗教等で使われるような印(印相?)を女の子が唱える。(漢字1文字ずつ) ・6年前から以前に出ているもの

解決済

No.3322

漫画

昔読んだ漫画です。砂時計が出てくるラブストーリーでした。海辺のシーンがやけに綺麗で優しかったのを覚えています。

解決済

No.3310

小説

・誰もいない静かな街中で迷って歩いている男の子が「背広男」を見つけてしまう・「背広男」の描写がめちゃくちや怖い

解決済

No.3307

小説

本筋から外れた部分だったはずなんですけど…荒廃した街男が糸を紡ぐ機械人形に恋をする確か報われる最後だった気がする

未解決

No.3282

未解決

以前読んた絵本で、人間の子どもと鬼が一緒にカレー味のおにぎりを作る話があったと思うのです。

解決済

No.3281

小説

中学校の模試に出てきた小説なのですが、お隣の熊と一緒に河原に遊びに行くと言う内容なんです。くまはお隣さんだけでほかは人間でした。

未解決

No.3247

未解決

不思議な薬を飲んだら体が緑になって光合成できるようになった話

未解決

No.3143

未解決

シロクマがサンタクロースのプレゼント工場に行く絵本です表紙は青かった気がします

解決済

No.3130

小説

推理小説京都が題材小道を進んで行くとあるお店での出来事京都通り名の唄が関係していたような、、、

未解決

No.3085

未解決

座布団とかクッション材を巻いたバット等で頭殴ったら外傷残さず脳震盪起こさせることが出来るという知識が乗っていた本を探しています。

未解決

No.3061

未解決

村上春樹の小説 足に球体のおもりを付けている 部屋に閉じ込められた

解決済

No.3031

小説

・カジノの本 ・カジノ側がルーレットの0番を操る不正をしている

未解決

No.2965

未解決

ペッパーとかオニオンとかそんな名前のオモチャの兵隊の絵本

解決済

No.2964

絵本

絵本なのですが、ジャングルとかに色んな動物が隠れていて、 その動物の名前がフチにぐるっと一周書かれている

解決済

No.2930

漫画

薔薇か紫陽花の下に、とある死体を埋めたら翌年以降すごく綺麗な花が咲いた…というような内容が入っているお話

未解決

No.2891

未解決

女というものが凝縮された女子トイレが苦手

未解決

No.2884

未解決

幼稚園の頃に読んだ絵本でもタイトルがわかりますでしょうか? 何千もの人がスキーをしている場面しか覚えてないです

未解決

No.2834

未解決

盲目の人が出てきて、主人公に「雨は点ですか?線ですか?」と聞いて、主人公が点ですと答えて盲目の人が初めて知ったと喜ぶ。

未解決

No.2706

未解決

・10年前以上前に読んだ ・おじいさんとネコのはなし ・猫の名前は確か「みい」 ・おじいさんが病気になる

解決済

No.2686

小説

たしか1冊の中の短編なのですが、日本各地を転々とワープする古い家に主人公が住む的な話だったような気がします。

未解決

No.2661

未解決

サラリーマンが帰りの駅と反対方向に安い部屋を借りたはなしホームの反対側で同僚に見つからないようにしていたような描写

解決済

No.2642

漫画

・古い少女漫画 ・サブリミナル効果を使った炭酸の広告(?)の謎を解く回がある

解決済

No.2603

小説

超能力使える人が沢山出てくる話で、その超能力が微妙すぎて使えねえ・・・みたいな話

未解決

No.2572

未解決

小学生の頃図書室で読んだ本です。 侮蔑のために名前を小文字で表記すると言う描写がありました。

解決済

No.2549

小説

陸上部だった女の子が天文部に入り、そこには学校一の有名人が居たという話を探しています

解決済

No.2541

小説

主人公と主人公が好きな女の子がガソリンスタンドで働いている 「象のような手」という表現がある

解決済

No.2533

小説

国語のテストに出て来た短編小説が思い出せません。 父を送り出すための汽車を待つあいだ、息子が玉子丼を食べているくだりだけを覚えています。

解決済

No.2512

小説

陸上自衛隊の戦車の車内で戦車隊員が自殺するみたいなのが始まりの小説