解決済

あやふや本 No.2377

内容

第二次世界大戦ごろの日本が舞台
父親に料理屋で水炊きを食べさせてもらったものの鶏肉の繊維が歯に絡まってしまう少年が主人公。
帰り道で歯痛に耐えていたが、父が気に入りの扇子の骨を割いて楊枝にしてくれる。
先行きの暗い時勢を見据え追い詰まった父親の心境がすごく印象に残っています。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:

作者:竹西寛子

本のリンク:

蘭 竹西寛子自選短編集 (集英社文庫)