未解決

あやふや本 No.3989

内容

20年近く前に亡くなった祖父の蔵書だったので、かなり古い書籍と思われます。
・ネコ視点の小説・主人公ネコが仲間のネコと街で過ごす、全体的にほのぼのな内容
・大きな事件などは起こらなかったはず。
・「花の降る街」というキーワードが頭に残っているのですが、これで検索しても見当たらず。
・街の坂道を登って、花が舞い散るのを眺めるシーンがあった気がします。
・作者後書きで、以前は色々な動物を書いていたが、周囲から「この動物はあの人がモデルでしょ」等と言われるのが嫌になり、ネコだけ書くようになった、と書かれていた。

※ネコ視点小説ですが、以下は該当作ではありません。
・ルドルフとイッパイアッテナ・ひげよ、さらば


Tweetこの本のツイートへ