未解決

あやふや本 No.5203

内容

私が3歳ぐらいのときに親が持っていたのを読んだ記憶です。
漫画のページと、文字のエッセイ+挿絵のページが半々ぐらい。
筆者の家族や子供中心の内容です(子育て漫画がまだジャンルとして確立していなかった頃かもしれない)。
1980年代~遅くても1990年代前半には出版されたと思われます。
カバーの下は表紙、裏表紙共に全体が黄土色で◎のような模様が付いていました。
読んだ時点でカバーはなかったので、カバーデザインは不明です。
中身は全編白黒で、カラーページはありません。
筆者は家族の中では母親で、二本足で立つ豚の姿で描かれていました(人間の骨格の豚という感じ、リアルさは薄めでシンプルにデフォルメされています)。
ほかの人物は人間として描かれていました。
最初の内容は漫画で、「棚の中には缶詰やティッシュがたくさんあるのがいい」的なことが書かれていました。
挿絵での記憶は、3カットに渡って女の子が男性に向かって「お兄ちゃん!」と言いながら擦り寄っていく絵(そのうち1カットは女の子の父親?が「ホウヤくん受け取ってくれたまえ」と言っている)、文章での記憶は上の子と下の子がいて、筆者が下の子に「言う事聞かないならマクドナルドに連れてってあげないからね」とたしなめる内容でした。


Tweetこの本のツイートへ