未解決

あやふや本 No.5668

内容

・15年ほど前小学校の図書館にあった本。
・表紙が原色(水色?)で、作者は外国人。
タイトルはカタカナかアルファベットの英単語?
・同作者orシリーズでも似たような原色の装丁の本があり、もう一冊隣に並んでいた気がする
・表紙のデザインや本自体の状態の良さ、題材的に90年代後半~00年前半の本?
・身体に機械を埋め込む?ことで、声に出さずとも他人と会話ができる近未来系ヤングアダルト小説
・主人公は男(中高生?)。同年代のヒロインがそれを搭載した年齢が早すぎてor遅すぎて身体を壊している。もしくは搭載していないためつまはじきにされるなど生活に苦難が生じている
・ストーリーが進むにつれてヒロインがどんどん弱っていく/窮地に陥る
・就職の面接ではそれを活用した会話が面接になり、搭載していない人は会話すらできない、といったことを語るシーンがある(だからそれを搭載するのが常識なんだ、といった文脈)
・ヒロインは服装に頓着していなかったが、ある日ブランドまみれの派手な格好になる。主人公が買い物についていくが、好みのデザインではなくブランドのロゴが大きくデザインされたものばかりを手にとっていると気づく(これは別の本かもしれませんが、作者かシリーズは同じだった気がします。似た原色装丁の本?)


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ