loader image
解決済

あやふや本 No.7284

内容

1990~2000年頃、自分が小学生の頃に読みました。
定期購読型の薄い絵本だったような気がするのですが、お話の内容的には小学生向けの気もします。
児童書かもしれません。
主人公は小学生?か保育園に通う女の子。
お父さんが、変わったお弁当を毎日作ってくれる。
「今日のお弁当」みたいなお弁当の解説ページも挟まる。
女の子は、変わったお弁当が、みんなと違うから少し嫌だと思っていた。
ある日のお弁当を開けると真っ白のご飯だけで、お父さんに気持ちを見抜かれたのかとショックを受ける。
けど、実はひっくり返すと反対側におかずが詰められていて、「雪の下に眠っている春」のコンセプトのお弁当だった、というお話です。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:キモコとクンコの弁当こわい!

作者:いとうあいこ

More Info: 「おおきなポケット」1997年9月号(第66号)
※ 番号重複のため 文庫 No.7283→ 書庫 No.7284となっています


前後の「解決本」へ