未解決

あやふや本 No.1673

内容

主人公は、中高生くらいの少年でした。
目を覚ますと、そこはボロボロの木造小屋の中。
周囲には、同じような年頃の男女が複数人いました。
正確な人数は覚えていませんが、10人は居なかったかと。
全員が同じ衣装(男子はスーツ、女子はネクタイとセーラー服のような衣装)を纏っていました。
主人公が状況に理解が追いつかず、混乱して騒ぎだします。
周囲の人間の制止も効果がありません。
そのとき、一人の少女が突然隣にいた別の少年の頬を張り倒します。
すると、主人公も同じ部分に痛みを感じ、倒れ込む。
その場の他の人間も、同じように痛がります。
起き上がり戸惑う少年に、殴った側の少女も自分の頬をさすりながら、こう言います。
『私達は、痛みを共有している』と。
書店の漫画コーナーに置かれていた、1話読み切りの小冊子で目にしました。
2016年に放送されたアニメ『キズナイーバー』に設定が酷似しています。
小冊子の表紙にも『キズナイーバー』とタイトルが書かれていた記憶が朧げに残っており、アニメの原作漫画かな、と思ってネットで調べたのですが、キズナイーバーはオリジナルアニメだそうで…では何だったのかと、今でも疑問に思っています。


Tweetこの本のツイートへ