未解決

あやふや本 No.2560

内容

・少年たちが普通日常を過ごしていたある日、昼に7つ?ぐらいの流れ星が流れてくる。主人公はそれを見かける。
・主人公が家に帰ると、自分そっくりのニセモノが家にいる。
・ニセモノと口論していると母が帰ってきて、主人公が自分が本物だと訴えると、母はそんなはずはない、ニセモノの方を本物だと言い、追い出されてしまう。
・その後、自分の顔を見るとすっかり違う顔になっていることがわかる。
・同じような目にあったら友人たちが7人ほどいて、みんな顔が変化していた。
・7つ?の流れ星からニセモノがやってきたのかもしれない。
・ニセモノから、日常を取り戻すために少年たちが奮闘する。
・同じ景色なのに、違う次元が存在し、少年たちの顔は幾度となく変化し、苦労する。


Tweetこの本のツイートへ