未解決

あやふや本 No.6586

内容

【読んだ時期】
10~15年くらい前
【ジャンル】
ライトノベル(文庫)
【内容】
・平安時代あたりの日本の異能力ファンタジー・主人公陣営と敵陣営との人間同士(もしくは人間の形をした人外?)のバトルがあったと思います。
・妖怪系はあまり出てこなかった気がします。
・メインの話ではありませんが、敵方に赤の他人なのにそっくりな二人の少女がいて、その二人を「魂の双子」と説明していたのが印象的です。確かそれに見合う能力があったと思います。
【他に覚えていること】
・表紙に複数人の十二単(もしくは和服のようなもの)を着た少女がいて、全員前髪が眉上パッツンでした。
・自信はありませんが、少年向けより少女向けの印象を持っています。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ