未解決

あやふや本 No.3897

内容

15年程前に読んだ本を探しています。
とてもあやふやなのでもしかしたら思い違いをしている部分もあるかもしれないのですが…主人公は少女で、何かの理由でひとり家出をしたところを歳上の女の人に拾われピンク色(?)のマンションに住むようになります。
そのマンションには少し変わったバックグラウンドの人々(前述の歳上の女の人、少年)や人間ではないもの(モンスター?ただし人間の言葉を片言ながら話す)が住んでいました。
印象的だったのは、そのモンスター(?)は双子で両方ともエイズにかかっており、2人は性的な行為によってウイルスを交換しあい、いつかひとつになりたいというようなことを話していたことです。


Tweetこの本のツイートへ