解決済

あやふや本 No.A058

内容

たとえ目の前に重傷(重病)の人がいても、人間は自分の腹痛(程度の軽い)痛みしか分からないし、それが一番痛いみたいなことを書いてる小説です。
図書館戦争かレインツリーの国だったような気もしますが、そもそも有川浩ですらないかもしれません。



こたえ

作品のタイトル:レインツリーの国

作者:有川浩

本のリンク:

レインツリーの国 (新潮文庫)

依頼者コメント等:「救急車で病院に担ぎ込まれるような重病人が近くにいても、自分が指を切ったことが一番辛くて痛い、それが人間だ。」という一節であることが判明致しました