loader image
解決済

あやふや本 No.7157

内容

・90年代以前の出版と思われる。小学校か中学校の図書室の、児童向けSFシリーズの一冊。今どきの挿絵では全然ない。外国の作品。
・主人公は死んでいるところから始まる。殺されて体もない。生きているのは脳だけ。
・彼は彼の脳を助けた博士や仲間と協力し、悪の組織の秘密を暴いていく。
・最後に、彼と同様の境遇の女性はロボットの体を使って悪の組織へ決着をつけに行く。ただし動ける時間は限られている。
・作戦は成功し、早く戻れと無線は言い続ける。だが、二人は久しぶりに触れた太陽や風や自然を並んで味わい続けることを選び、動こうとしない。
そこで物語は終わる。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:合成怪物の逆しゅう

作者:レイモンド・F・ジョーンズ

本のリンク:

その他,依頼者コメント等:
記憶より何倍も容赦ない展開で、面白くてあっという間に読んでしまいました。
本当にありがとうございました。


前後の「解決本」へ