loader image
解決済

あやふや本 No.7192

内容

10年以上は前に読んだ本で、ラストシーン?だけが印象に残っています。
主人公が事件に巻き込まれた?か何かの訳アリの子供に、宛先が書かれたハガキの束を渡して、「元気だったら大きく口をつけてハガキを出せ」というシーン。
小説だったと思います。
推理物系?その後に漫画か映像で見たような気もするので、コミックス化やドラマ化をされているのかも。
ひょっとすると、有栖川有栖さんの火村英夫シリーズの短編かもしれません。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:娚の一生

作者:西炯子

本のリンク:

その他,依頼者コメント等:
漫画で見たものは、西炯子さんの「娚の一生」が当たりだと思います。
同時期に有栖川有栖作品を読みまくっていたので、小説で読んだ、と記憶が混じってしまっているかもしれません。
向田邦子さんの小説は読んだ覚えがないので、手に取ってみます。
お世話になりました。


前後の「解決本」へ