解決済

あやふや本 No.4993

内容

いつ読んだのかは分からないが、分厚くてとても重い本だった気がする。
短編集?その中のひとつが印象に残っています。
上下に無限に続く?世界の話。
その世界の謎に住人が挑むが、結局徒労に終わる。
狂った神とウロボロスのようなものが出てくる。
この世界の例えとしてボルヘスの「バベルの図書館」が出てくるが、その世界に本はほとんど出てこない。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:山尾悠子作品集成『遠近法』

作者:山尾悠子

本のリンク:

山尾悠子作品集成