未解決

No.5288

未解決

・ハードカバーの短編集・そのうちの恐らく前半に収録された話のみ覚えています・男と女の子(高校生だった気がします)がドライブをしてる・女の子の姉(うろ覚え)は事故で死亡・しかし実は姉は、ペダルの下に空缶を仕込まれブレーキが効かず事故った、つまり計画殺人の被害者なのだと女の子は語る・女の子の名前は琉璃だったような……?

未解決

No.5280

未解決

・外国の短編名作童話を集めた、子ども向けのシリーズ本です(複数刊あり)。・1993年に小学校の学級文庫で読みましたが、その時点で読み古されており、発行年はもっと前だと思われます。・「紙カバーを外した中身の表紙」が緑色系の色で、ツタのような植物で縁取った枠が描かれていた・パンダか何か、動物の絵が描かれていたような…?(シリーズを象徴するロゴのような雰囲気で一…

解決済

No.5269

小説

・短編集に掲載されていた作品・主人公は既婚者だが妻との関係は冷え切っている・妻の様子がおかしくなり、寝起きに妙なことを言ったり魂に関連する本を読んでいたりする・本に書かれていたことを主人公は試し、眠って魂の世界に向かう・魂の世界には魂を喰らう恐ろしい追跡者がいる・何度目かの魂の世界への旅行で追跡者に追われて肉体に戻ろうとするも、主人公の肉体に主人公が戻るこ…

解決済

No.5246

小説

【ネタバレがあります】十年位前に高校の図書館で読んだと思われる短編です。・大人になった元生徒が、恩師の先生に向けて送った手紙という体裁の書簡小説。・生徒が小学生か中学生の頃、酒浸りの父親に暴力を受けていた。・ある日生徒が家に帰ると、父親が喉に何かを詰まらせたのか、リビングで仰向けになって苦しんでいた。・生徒はそれを見ると、枕かクッションを使って、父親の顔を…

解決済

No.5234

小説

・2019年高3の進研模試(国語)に記載されていた文章・短編小説の中の話・K君とY君が出てくる・BLっぽい?・Y君はK君に対して笑わせようとしたりする・Y君は太っていて面白い顔という描写があった気がする・バナナマンっぽい感じ・この短編小説自体は昔に出版された・K君はY君のことを見下すような感じだけど内心すごく気に入っているという感じ・坂道で話している描写が…

解決済

No.5227

児童書

・主人公である蝉が死ぬお話です。・その蝉は死んだ後土にかえるのですが、「お腹の輪っか」だけが土にかえらずに残った、というオチで話が終わります。・何かの短編集に収録されていた記憶があります。・その短編集は、小学生や中学生を対象としたものでした。

解決済

No.5220

小説

主人公(語り部)は男性彼の故郷にはサワガニ?を生きたまますり鉢ですりつぶして作る郷土料理がある幼い時に見たカニがすり潰されるさまを思い出しながら「人類によって一番むごい殺され方をされているのは甲殻類だ」というようなことを考えている人類は甲殻類に復讐されるのでは?と考えるカニをすり潰す「ゴリゴリ」という音が耳から離れない、と言うようなセリフがあったと思う10…

解決済

No.5186

小説

【ネタバレがあります】 ・海外作家たちのSF短編集(アンソロジー?)の中の一作。文庫本だったと思います。・宇宙人が地球で裁判にかけられる話」・裁判所で裁判している描写で進んでいく・登場人物は被告人として宇宙人と弁護する人間の弁護士、宇宙人に迷惑をかけられたという証人たちと裁判官などだったと思います。・宇宙人の見た目がグロテスクで、こんなやつは悪い奴に決まっ…

解決済

No.5177

小説

10年ほど前に知人宅で読んだSF怪談小説?です。内容は語り手が、宇宙の何処かの惑星の実態を説明する体で進行します。章ごとに非常に苛烈な複数の惑星の環境について語られ、それらの惑星へ行くと人体は、ある惑星では外気で皮膚(顔)が爛れ、ある惑星ではその爛れた(溶けた?)皮膚下にある神経が侵され痒みが止まらないだの、またあるいは爛れた溶けた表面に寄生虫が入りといっ…

未解決

No.5158

未解決

・白っぽい装丁・水彩っぽい表紙の絵・出版社はおそらくポプラ社で児童書。ホラー短編集でした。 覚えている内容は・1:古ぼけた屋敷に引っ越した家族。ペットの小鳥や犬が毛皮を残して死んでいく。「ぺしゃんこのピピ!」という地の文が印象的でした。結局屋敷に蔓延っていた蔦が人食いだったというオチ家族は逃げ出しました。蔦から逃げる手助けをしてくれた女性が柳の精霊だったと…

未解決

No.5155

未解決

スポーツをテーマにしていた短編集の中の一つで、サッカーをテーマにしたものがありました。中学か高校の話で、試合中相手の決勝点をハンドで防ぎ、本人は退場したものの、相手はPKに失敗。ここれをきっかけに、ハンドでゴールを防ぐことが流行る…という内容。2010年南アフリカW杯のウルグアイ対ガーナ戦に余りにそっくりな展開ですが、この話を見たのは確かその試合の前でした。

解決済

No.5139

小説

日本の小説で、短編集かも?読んだのはここ数年以内。その中の一話で覚えているのが、兄妹の兄視点の話で二人とも容姿端麗で模範的で理想的な家庭に育っているがサイコパス気味で近親相姦などしている。兄は他にもレイプじみたこともしていた。妹の彼氏と3人で旅行に行き、妹と接吻?をしている場面を彼氏に見られて彼氏はそのままショックを受けて帰る。後日駅でばったり出会い殴りか…

解決済

No.5116

小説

【ネタバレがあります】 メフィストというミステリー雑誌で掲載されていた短編なのですが、作者名やタイトルが思い出せなくて企画に参加いたしました。ミステリーの核心部分のネタバレや、残酷描写も含まれるので、苦手な方はご遠慮下さい。あらすじは、いじめられっ子の親か親族?が、いじめっ子と担当教師を誘拐・監禁して復讐をする話です。終始教師視点で話が進んでいった気がしま…

解決済

No.5101

小説

・読んだのはおそらく10年ほど前・児童文学、ヤングアダルト文学や少女小説のようなジャンルだと思われます・国内のものか翻訳ものかは不明・短編ではなく中~長編小説だったと思います。・主人公は10代くらいの少女で、彼女の成長譚がストーリーの一要素・物語の終盤、主人公に対して(おそらく同行者だった、歳上の)男性が別れ際に「これからは、もう、「じゃあどうしたらいいの…

解決済

No.5069

小説

・海外の短編集の一編。・男が飛行機から飛び降りる。・パラシュートが引っ掛かるかして開かない?・何とか無事に着地して、人々に出迎えられ、恋人と抱擁をかわそうとする。・地面に激突する。着地してからの部分は、男の空想だった。・『飛行機から一人の男が飛び降りる』ではない

解決済

No.5041

小説

十数年前、地方図書館の一般小説の棚で見つけた本です。短編か長編かは覚えていないのですが、SF系のミステリーやサスペンスのような雰囲気だったと思います。・登場人物には女性、女性の兄、女性の元?恋人(男性)がいた。・女性の兄は研究者?・兄はコンピュータ上の仮想空間で疑似生命体?を観察していた。・仮想空間では疑似生命体が複数のコミュニティを作っていた。それぞれに…

解決済

No.4993

小説

いつ読んだのかは分からないが、分厚くてとても重い本だった気がする。短編集?その中のひとつが印象に残っています。上下に無限に続く?世界の話。その世界の謎に住人が挑むが、結局徒労に終わる。狂った神とウロボロスのようなものが出てくる。この世界の例えとしてボルヘスの「バベルの図書館」が出てくるが、その世界に本はほとんど出てこない。

解決済

No.4992

小説

・舞台は昭和くらいの下町・主人公は女の子・家族で普段はできないぜいたくをすることになり、夜に果物をたくさん食べる・「翌日お腹をこわしてしまうこと」を予想しながら桃を食べるシーンと、お父さんがさくらんぼを箱ごと買って戻ってくるシーン(「下町の中の小さな喧騒」、と描写されていた気が…)・中学受験のテキストに載っていた?

解決済

No.4989

小説

・10~15年ほど前の作品・週刊誌(おそらく文芸誌でない)に掲載されていた読切の短編・以下、作品の最初から最後までのあらすじです。・女子中学生の主人公が、友達と一緒に誘拐され、誘拐犯に山小屋に監禁されているシーンから始まる。友達は逃げようとして誘拐犯に殺されてしまう。誘拐犯は主人公に「逃げても無駄だ(唯一の逃げ道である窓の外は崖だから)」と告げて眠り、主人…

解決済

No.4982

児童書

主人公の女の子が目の見えない男の人と会う・主人公たちが盲目の男と会う・主人公たちがその人に会ったとき、目が見えないことに気づかず、あとで誰かから教えられて「目の見えない人の目の動きじゃなかった」「見えていたとしか思えなかった」などとと思うシーンがある・その目の見えない男は人を殺す競技のチャンピオン?だった・児童向けの小説を書いている作者だった気がする

解決済

No.4967

小説

【性的な描写があります】・女性向けの官能小説・短編集ではない・上下巻(上中下?)で、上巻しか読めていないはずなのでラストが不明・2009~2012頃に読んだ・中学生の時に図書館で借りることが出来たので、年齢制限は無いはず・表紙はアニメや漫画のようなイラストではなかった・「女による女のためのR-18文学賞」のイメージ・しかしHPにある受賞作品タイトルに心当た…

解決済

No.4938

小説

ここ数年に発行された本ではなく、作者は男性だったと思います。小説の短編で、主人公の男性は触れた物の記憶等を読み取ることができ、その能力ゆえ隠遁生活をしています。そこにツテを頼ってある夫婦が依頼に訪れます。夫婦には子供がいるが、生まれた時から植物状態でいる。今後夫婦共に死んだ後も子供を生かしていく財力はあるが、それが本人にとって良いことなのかわからない。子供…

解決済

No.4880

小説

何年か前に読んだ(恐らく)文庫本を探しています。・とある街を舞台にした、星新一的なSFチックな短編集の中のお話だった気がします。・主人公は女性・主人公が生まれ育った街では、地震がほとんど起こったことがな・主人公はよく立ちくらみをする・ある日立っていられないほどの立ちくらみに襲われ、周りの街では大地震が起きたというエピソードがあったような…・話のオチとしては…

解決済

No.4875

小説

十年ほど前の高校の入試問題に出題されていました。母が囲炉裏端で泣いているのを、主人公は気付かないふりをして見ています。母の涙が囲炉裏の灰に吸い込まれて、塊になったのを、主人公は火箸などで掴み取り、囲炉裏端の壺に壊れないように入れるのです。母が亡くなった時にその壺のことを思い出すようなシーンもあったような気がします。

解決済

No.4856

小説

大学受験の現代文の問題集に入っていた短編でした。登場人物…語り手「私」(成人済み女性)と、(元彼?)小学校の頃からの男友達(成人済み男性)男性は、世界中で活躍する仕事(冒険家?写真家?)上記の二人が、数年ぶり(?)にカフェで会って話す。「私」は子供の頃に「忠霊塔」を「ちゅーれいと」と読んで、遊び場にしていたことを思い出すシーンがある。男性は仕事(冒険家?写…

解決済

No.4846

小説

・恐らく短編集の中の一編(文庫本)・主人公は男・男は、2階(?)にある自室の窓から、登下校中のひとりの女学生の姿を度々目にする・最後、男は自殺をはかる・舞台は現代ではなく、大正、昭和辺り

解決済

No.4833

小説

・老夫婦が出てくる短編小説(海外?)・妻が編み物をしており毛糸が転がる描写あり・老夫婦は二人で二階建ての大きな邸宅に住んでいるが、何故か徐々に入れない部屋が増えていく(二階や倉庫など)・その度に入れなくなったことを夫婦は淡々と話す。・国語教科書で「光は水のよう」を学んだとき、同系統の小説だとして紹介されました

解決済

No.4825

小説

全体的にホラーな短編集タイトルに「鬼」を連想させる言葉が入っていた気がする印象に残っている話は以下のような内容・いじめにあっていた人が亡くなってしまう・死後、いじめの加害者が復讐される・復讐されるのは複数人・「カッターナイフの刃」がキーアイテム→復讐された人の髪の毛から刃が出てくる場面があったと思う・ラストは、「いじめ被害者のお墓の上でカッターの刃が光った…

解決済

No.4811

小説

・15年ほど前に読んだ、連作短編小説集の文庫本。・「コグレアサコ」という女性が主人公。苗字はおそらく「木暮」。名前の漢字は忘れた。・「コグレアサコ」は魔性の女性で、幼い頃から周囲の男性を虜にし、良くも悪くも運命を変えてしまう。・話が進むごとに主人公は成長していき、その時々で関わった男性ごとに短編が描かれている。・最終的に「コグレアサコ」と男性のどちらか、あ…

解決済

No.4759

小説

・短編集の本である ・最後の話に女子大生が主人公の話がある ・画家の叔父がいて、叔父の妻に主人公は嫌われている ・叔父とその妻の関係はあまりよくない? ・主人公はよく笑っている ・画家の妻は自画像を描いていて、描いていた絵にいたずらをする描写がある ・同時に7人の男性と付き合っていることから虹関連のあだ名をつけられている ・叔父に果物を食べさせてもらう描写…