未解決

あやふや本 No.5489

内容

・25年ほど前、学校の図書館で借りました。
・日本人名の女性の作家さんだったと思います。
・神秘的で美しい、子供心にうすら怖さを感じるような挿し絵でした。
・水族館、という場所が出てきました。
一般的な水族館ではなく、自分が出会った後に、存在が完全に忘れられたモノや人が納められていく、といった説明でした。
忘れられた人のことを『水族』と呼ぶ、と記憶しています。


Tweetこの本のツイートへ