解決済

あやふや本 No.0360

内容

・恐らく日本文学
・変わり者の男(お金持ちだったかも?)が友人に話をしているという体の話。この友人視点。
・ある女が気になった変わり者の男が、その女の後をつけていく。その中で、女がサーカス?を見ているときに?)誰かの手に文字を書く、紙を手渡すなどしてこっそりやり取りをしていたり、他人と協力して人を溶かしていたりするところを見てしまう。
・しかし実は女は、この変わり者の男の気を引きたかったため、色々しているだけだったというオチ。人も本当は溶かしていない。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:白昼鬼語

作者:谷崎潤一郎

本のリンク:


前後の「解決本」へ