解決済

あやふや本 No.0624

内容

白にキラッとした青の十字架が書かれてた装丁で、内容は最初ビルから飛び降りようとした主人公の後ろにとある裏でドナーを探すみたいな組織の人がいて、色々話したあと目隠しをされその建物に連れて行ってもらい自分の皮膚や全臓器の値段を言われて納得した主人公。
ここから話がすごく飛んで、その病院に心臓の悪い女の子が来て、その主人公の心臓は取られたけど機械仕掛けの心臓でまだ生きていて、 けれどベッドの横にある機械とその心臓を繋げていなければ一定時間過ぎるとその機械は止まってしまう。
その主人公は自分がドナーになったその女の子に会うためにある一定時間だけ繋がなくても生きてられるネジ?みたいなのをつけて女の子に会いに行き、自らの心臓が元気なのを確認して女の子と別れたあと?ネジが止まりその主人公が倒れた。


Tweetこの本のツイートへ
こたえ

作品のタイトル:KAGEROU

作者:齋藤智裕

本のリンク:


前後の「解決本」へ