未解決

あやふや本 No.6751

内容

15年ほど前、小学中~高学年の時、教室にあって読んだ本。
ハードカバーだけどそこまで厚くはありませんでした。
恐らく外国作家の本で、翻訳されたもの。
黒っぽい表紙で、外国人の落書きみたいなイラスト、挿絵があった気がします。
ほんのりダークな様な、、
うろ覚えの内容主人公の男の子は物語を書いていると、その物語の登場人物である黒い少年が実際に現れる。
本の少年は、自分の思い通りに話が進む様に主人公に指示していた様な気がします。
その内、物語の途中から主人公の妹が続きを書いてしまった事により、物語の中に黒い女の子も登場し、黒い少年の邪魔を始める。
主人公と黒い少年は、なんとか物語を正そうと続きを試行錯誤して書いていく、、様な話だったと思います。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ