未解決

あやふや本 No.6593

内容

約15年前に読んだ小説。
「外国語を覚えるために公園へ行って、外国人から聞こえてくる言葉を真似していた。はじめはその外国人も自分たちの言葉がわかるのかと興味深そうに声をかけてきたが、意味を理解してないとわかると去っていった。」といった旨の記述があった。
終盤にその人物が失踪したような表現もあり、明瞭な終わりではなく、少し不思議な話としてもやもやを残す終わり方だったと思う。
魔人探偵脳噛ネウロの最終回ではない。


この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ
前後の「未解決本」へ