loader image
解決済

あやふや本 No.7413

内容

20年ほど前(2003年頃)に図書館で読んだファンタジー小説です。
何冊か続いていました、完結までは読んでいなかったので全何巻かわかりません。
・主人公は男の子と女の子
・それぞれ血は繋がっていない。生まれも育ちも違う
・男の子は魔法を覚え始めた・女の子はインディアンのような原住民で肉体派
・彼女の故郷では呼吸法が多く取り入れられており、睡眠中も呼吸の回数を数えることで時間を把握し、起きたいときに起きられる。
・雲の兄妹がでてくる。それなりに強かったと思う。
雲の兄妹がその主人公二人にそれぞれ相棒のように付くことになる。
・途中で男の子の方が牢獄のような場所に囚われる
・天井まで行けば逃げられそうなので、虹色の階段を出す魔法を頑張ってだそうとする。
段ごとに色が違って、生成する難易度が一段ごとに上がる。
・たしか濃い色ほど難易度が高かったので黄色なんかは下段だったはず
・男の子を助けるために、女の子は禁断の呼吸法を発動させて進撃する。死ぬまで倒れない、みたいなドーピング効果があった。
・「虹」とか空に関するワードや装丁が多かった気がする。
・雲の兄の方は口調が荒かった。
・女の子はゴールデンカムイのアシリパさんみたいなしたたかな子

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:セブンスタワー

作者:ガース・ニクス

本のリンク:


前後の「解決本」へ