loader image
未解決

あやふや本 No.6963

内容

10~20年前くらいに実家か小中学校で読んだ本(おそらく小説か絵本)です。
外国の修道院?か身寄りのない子どもを引き取っている施設?にいる子(少女)が、宝物のように扱っていた汚れた玉を持っており、ある日その汚れた玉の中身が気になった少女が、周りについた汚れ?皮?を少しずつ剥いでみるシーンがありました。
その子が玉を手に入れるまでの経緯などは覚えていません。
玉を触ると手が汚れる?痛む?のですが、その玉の中身が気になる少女は、夜見回りに来る大人に隠れて二段ベッドの下で毎晩玉の周りについてる皮のようなものを少しずつ取っていきます。
確かその後中身にたどり着いていて、玉の中身が綺麗な時計だったので少女が感動していた気がしますが正直うろ覚えです。

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ


前後の「未解決本」へ