loader image
解決済

あやふや本 No.7439

内容

・小説。おそらくライトノベル系だと思います
・2000年~2005年ごろに読みました
・主人公は高校生。たしか男子だったと思いますが女子の可能性もあるかも
・ある日突然、昨日と同じ日が繰り返していることに気づくところから始まります。
それからの1週間くらいを、同じ日を2日ずつ繰り返しながら過ごします
・世界が終わりに近づいているのを食い止める系のストーリーだったと思います
・友達が自殺してしまったくだりがでてきます(遺書が「先立つ不幸をお許しください」みたいな一文だった…という描写があった気がしますが他の本と混ざっているかも
・主人公が日々を繰り返したおかげで世界の危機が回避されるという話だったと思いますが、最後に、主人公が同じ日を2日ずつ繰り返していたのは死んだ友達のぶんのもう1日だったのかもしれない、として終わります
竜が出てきた気がするのですがこれも他の本と混ざっているかも…
いろいろ記憶が混ざっている可能性があるのですが、「主人公が2日ずつ繰り返す」というところと「それが死んだ友達の分の時間」というところは確実です

この本が気になります!


Tweetこの本のツイートへ



こたえ

作品のタイトル:竜が飛ばない日曜日

作者:咲田哲宏

本のリンク:


前後の「解決本」へ